マダムあずきの意識低い系ブログ

ステキ主婦に憧れながら意識低い毎日を生きる。築49年の自宅をスッキリさせて暮らしたい。猫さん5匹自閉症の息子と難病夫との暮らし。本質はズボラ主婦。

【高等養護学校】卒業式に想いを馳せる~終了式と2年生の終わり~ 

 

 

 

こんにちは。マダムあずきです。

 


 

 

🌸時差がある話ですが🌸

 

 

 

 

少し前、卒業式がありました。

例年だともっと早いそうなのですが休校期間があったためこの日になったとのこと。

 

 

そして来年度は休校はないという前提で年間予定表が来たので

来年はもう卒業しているんだ‥しみじみ

 

 

寮の玄関に行ったら、3年生の靴が無くなっていたのが寂しかった😭←こういうの弱い

お部屋を退去後の処分品や処分するお布団などが一か所にまとめられていました。

 

 

 今の2年生は、1年生の時はコロナで休校中で卒業式に出席できず

今年も出られず。来年はもう送られる側になってしまいました。

 

 

例年2年生は3年生の胸にお花をつけにいくとのことですがそれもできず。

当日は寮で朝にお部屋でバイバイしてそのままお別れ。(寂)

 

 

 

 

今年度中に進む予定だった進路のことも自粛で動けない先生。

例年だと生徒の実習先(就職先)に直接出向いていろいろと合うところを探したりする業務もあるそうなのですが

今年は特に札幌近郊には全く近寄れないそうです。実習先から連絡も無く、

このまま実習行けるのかどうかもうわからない感じでちょっと不安(-"-)

まぁそのときはそのときで考えるしかないのでしょう・・・

 

3年生の現場実習先がそのまま進路の第一候補になることが多いし

実際マダム子もそのように考えていたので

この時期の自粛は本当に厳しい💦焦っても仕方がないと思いながら焦るワタクシ💦

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 今住んでいるお部屋は終了式のこの日で終わり。

次に戻るときには新年度の部屋割りの発表があり、そちらに荷物を運ぶことになっています。

玄関前に大きな紙が貼りだされていて、それを見て移動です。

 

 

 去年から回ったワタクシの話 ↓  _(:3 」∠)_ズコー 

azuazuazukina.hatenablog.com

 

 

 

 帰りに迎えに行くと

寮の担当の先生が定年で退職されると聞きました( ;∀;)

マダム子の工作センスをよく褒めてくれて

いつも何か作っては、先生に見せに行き写真を撮ってもらうのが好きでした。

できないことや注意されることが多い我が子ですが

できる事、得意なことをすごく見ていて、的確に褒めてくれました。

寮での生活の細かい点(寝具の洗濯や季節の変わり目の温度調節のための交換)にとても気を配っていただき、1年生の時は親が管理していた日用品の補充などもきちんと伝えてくれて大変助かりました。

お人柄も良く、1年生の時の事件※のときに最初に対応してくれて

後を引かないように解決に導いてくれた先生です。

感謝しかないです・・・先生お疲れ様でした。最後の生徒(マダム子)は手がかかる子だったと思いますが「最後の年に楽しい勤務をさせていただきました。」と言ってくださり・・・(涙)

いい先生とのお別れは寂しいです。

 

頼れる人たちからどんどん離れていかなければいけないような気がして。

 

 

 

そして、何となく心がザワザワします。

来年の今ごろ

世間の荒波に放り込まれる我が子とワタクシの先が見えなくて

漠然と不安です。

 

 

 

 

 

 ※一年生の時の事件については、相手方の生徒さんも卒業されたのでそのうち書こうと思います。相手があることなので今まで控えておりました。マダム子にとってはこのまま通えるか退学か、というくらいの事件でした。ワタクシ学校近くに単身赴任しようかと思ったほどです。

 

 

 

 

寮のお部屋はこのまま見たまま。何も変わらずです。

 

 

 

 

\読んでいただきありがとうございます/ 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

マダムあずきの意識低い系ブログ - にほんブログ村