マダムあずきの意識低い系ブログ

ステキ主婦に憧れながら意識低い毎日を生きる。築48年の自宅をスッキリさせて暮らしたい。猫さん5匹・自閉症の息子と難病夫との暮らし。本質はズボラ主婦。

忙しい日に昔を思い出す【人生の闇期】

こんばんは。マダムあずきです。

 

f:id:azuazuazukina:20210210225837j:image

 

 

*今日放棄したこと*

 

台所のシンク(昨日の夜から放置)リセット

 

洗濯3回分

 

掃除機

 

満杯のゴミ箱🗑なんとかする

 

持ち帰って玄関に放置している物をなんとかする

 

 

明日はやる事がたくさんあります。

今日は朝みんな同じ時間に家を出て

帰宅もほぼ同じでした🏠

だからすべて明日にしようと思い

先送りしたのですが。

 

 

 

ふと

幼稚園の頃を思い出し

 

今日と同じくらいの時間帯に

お弁当やマダム子の身支度や自分の準備

など全部済ませて家を出て

送ってそのまま仕事に行き

夕方最後の時間にデイサービスの迎えに行き

それからあず夫の会社へ迎えに行き

夕飯を買って帰るか食べて帰るかをして自宅着。

それから幼稚園の洗濯とお弁当箱洗って次の日のお米セットして‥

 

とか。

 

 

バタバタしていたころは

療育や通院などがあるのでフルタイムで働けませんでした。

ワタクシは常に家族の都合に合わせられるようにマダム子の幼稚園、通院、療育、デイサービスの日程調整とあず夫の通院と自分の仕事の調整でいっぱいいっぱい💦

カレンダーの余白は無し。

 

毎日あっという間に過ぎていました。

 

 

しばらくそういう

「マダム子くんのママ」「あず夫の奥さん」

でいて自分が自分だけで物を考える事がない期間を過ごしていると

自分が何が好きで何がしたいのか

全く分からなくなりました。

 

 

子の発達の面談などでは

「親の理解や協力」が必要で

あず夫の病院でも、病気や療養に関しては

「家族の理解や協力」が必要で

 

ワタクシの体はひとつしかないのにどうしたらいいのかわからなくなって

一度、子のことで書類を出しに行ったとき

窓口の方(障害の窓口)にチラッと聞いてみた事があったんです。

 

このままあず夫の病状悪化(失明)で

社会復帰できなかった場合

福祉制度(生活保護)を受けるためには

どういった手順で動いたらいいのでしょう。

 

 

「ご主人を中途失明した人の施設に入れて

お子さんを施設に入れて、お母さん(ワタクシ)がフルタイムで働いて2人を養ってください。」

 

 

ん??

 

今、なんと?

 

 

夫と離れて

子どもを手放して

お金を稼いで一人で暮らせと。

 

 

そういうことか。

 

 

 

確かに子どもは多動で一番大変なときでしたが

子どもを手放そうとは思っていないし

夫の介護もするつもりで

どうやって3人で暮らしていけばいいかを相談したつもりだったんですけど。

 

 

 

そうですか。

 

 

 

ワタクシたちは普通に家族3人で暮らす権利もないんですか。

 

 

 

そうですか。

 

 

******

 

そこからしばらく人生の闇期に入りますが

這い上がってきた後は少し図太くなっていました。

しかし自覚している以上に体にストレスがかかっていたようで

その後メンタル以外にも甲状腺や婦人科疾患や帯状疱疹やアレルギー。

いろんなところに不調が続いて現在に至ります。

 

 

 

ワタクシがイライラソワソワしていても

あず夫の病状は良くなるわけではない。

マダム子の発達は本人のペースに合わせるしかない。

 

だったら自分で調整できるのは自分の体調だけ。

 

→ゴキゲンでいることが家族にとっても一番いい

 

 

という、現在の生活スタイル(ズボラ)に落ち着きました。

 

倒れる訳にはいかぬ(`・ω・´)

3人での生活を守るんだ!

 

 

 


かれこれここから十数年。

あず夫氏の執念で

(いや、本当は悪化のタイミングギリギリで認可された薬が悪化をセーブしてくれた)

現在、今まで通りの職業で働き

普通に3人で暮らすことができています。

 

 

 

お金に対する管理も

将来の見通しも

きっと他の家族とは比べられない特殊な状況なので

参考にするものも無かったし、

誰かの参考にもなりませんw

 

 

我が家のポリシーは

 

死んでしまったらどうにもならないから

そうならないようにお金は使いましょう。

 

元気でいられる時間はとても大切なので

時間を作るためには多少割高でも

体が楽な方を選びましょう。

 

通常でも毎年医療費控除を受けるほど病院にかかっているので

余計な医療費を増やさないように

怪我や風邪などには気をつけましょう。

睡眠大事!

 

 

 

時間は無限にあるようで

「元気で」いられる時間はあまり無いということをひしひしと感じます。

 

コロナの騒動が終わったら

ちょっと自分のやってみたかったこと(一人旅)をやってみようと思います(*´-`)

 

 

 

読んでいただきありがとうございます😊

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村