マダムあずきの意識低い系ブログ

ステキ主婦に憧れながら意識低い毎日を生きる。築48年の自宅をスッキリさせて暮らしたい。猫さん5匹・自閉症の息子と難病夫との暮らし。本質はズボラ主婦。

自分のメンテナンスについて

こんにちは。マダムあずきです。

 

この年齢になると

体にいろいろと不具合がでてくるものですが

ワタクシ、けっこう若いころからガタがきております。

心と体はすっかりおばあちゃんの気分ですが

まだまだ子を残して逝くわけにはいきませんので

年に1度、持病の検査に行ってまいりました。

f:id:azuazuazukina:20200125232955p:plain

 

今回のこちらの病院では

乳腺と甲状腺を診ていただいています。

体に数か所疾患を抱えておりますので

病院も1つとはいかず。

 

 

まず一か所目。

妊娠中に乳腺に異変を感じ産科医に相談→触診後、乳腺外科を受診するように指示を受け紹介状をもらう。

乳腺外科を受診して

「葉状腫瘍」との診断されました。

葉状腫瘍は,比較的稀な結合織性および上皮性混合腫瘍の一つであり,組織学的には良性,境界病変,悪性に亜分類され多様な生物学的特徴を呈する。 形態は境界明瞭,多結節性,無痛性の腫瘤で線維腺腫との鑑別が問題となるが,急速に増大する場合は葉状腫瘍を疑う。
jbcs.gr.jp › guidline › index › gekaryoho › g5-bq-14

 

 

当時、マダム子がお腹にいたためマンモグラフィーと撮ることができず

まずエコー検査。

検査技師さん、慎重にエコーをあて画像をチェック。

技師「・・・・」

沈黙長い。

上半身全部脱いだ状態、

さらに妊娠後期のお腹でバンザイの格好で仰向け地味につらい(´・ω・)

技師「ちょっとこのまま待っててくださいね」

あずき「はい?」

この時はこちらの病院は初めてだったので

検査からの流れがわからず

ただ呼ばれるままに進んでいたのですが、

経過観察の通院や、なんともなかった場合はここで先生が出てくることはない。

半裸バンザイ\(^o^)/で待つワタクシ。

 

 

 

ここで院長登場。

 

 

 

院長「はいちょっと診せてくださいね。」

エコー画面を凝視。

技師さんも後ろから凝視。

半裸バンザイで不安になるワタクシ。

亀のように首を伸ばして画像をみようとするけど

上半身を動かせないので角度的に無理があり見えない。

見えたところで何が何かわからなかったりもする。

 

 

院・技・あ「・・・・・・」

 

 

 

院「じゃあ、診察室に移動してください。」

 

 

 

やっと半裸バンザイ終了。やれやれと思い移動する。

妊娠後期のワタクシ、いちいちよっこらしょ、どっこいしょと移動

 

 

診察室にて

院「うーんとね、マンモ撮れないからこれ(エコー)だけではなんとも言えないんだけど、あんまりいい顔(良性の腫瘍のこと)してないんだよねぇ。」

 

(゚Д゚;)え

 

 これまで数多くの良性・悪性を見てきたドクター。

エコー、触診でだいたいは判断がつき

その後検査結果もほぼ一致するそうで。

 

院「これだけじゃ悪いものだとも決められないから、細胞取って調べます。」

 

 

(゚Д゚;)はい?

 

 

 

院「じゃあ横になってください。」

 

 

 

(゚Д゚;)え?え?

 

 

またしても半裸バンザイで台に横たわる。

予想外の展開に慌てるワタクシ。

 

 

そして出てきたものは

 

すごく大きい注射器(゚д゚)!

 

マジでまじで、こんな太い針刺すんかい!

心の準備が、うわー!ギャー(ノД`)・゜・。

と心で大騒ぎしている間に細胞はあっさり取り終わり

終わってしまえばこれ自体はあっという間で大したことなかった。見通しや予測って大事ね(´-`)←極度のビビり

 

検査結果が出るころ再び受診するように言われ

この日は終わりました。

 

 

 

後日、再び受診。

検査結果を見ながら

納得いかない顔の院長。

「うーん、細胞は悪いものではないと出てるけど、

針を刺した場所がたまたま大丈夫な場所だった

ってこともあるから、出産後にまた受診してくださいね。」

 

 

('Д')え。

大丈夫じゃないんですかい。

 

 

そして出産後。

今度は授乳中につきマンモ不可。

ブシャーってなっちゃうからね(失礼)

 しかしエコーでは

表情を変えてきたらしく

「おや?あんまり悪い顔してないねぇ」

と言われたので経過観察。

 

 

 

授乳期間終了後から1年に1度

検査に通って早16年目。

 経過観察は続きます。

消えてなくなっているわけではないので、完治するということはないのですが

今年はとうとう、小さくなっているとのことでした\(^o^)/

 

半裸バンザイももう気にしなくなったお年頃ですがw

 乳腺も老化ってするのでしょうか・・・(謎)

とにかくこのまま悪さをしないならば

取り除く必要もないので

お騒がせな腫瘍とは共存しながら、また1年後に検査に行くことにします。

違う箇所で悪いものが出てきたら大変ですからね。

 

 

 

ワタクシ、あちこち悪いくせに

とにかく病院の空間が苦手です(-"-)

できれば行きたくない。

しかし初期でわかるものは早いうちに発見できた方がいいので

きちんと検査に行きます。痛いことは最小限で済ませたいビビりです。

 

 

こちらの病院では

甲状腺も診ていただいていて

こちらも1年1度の検査です。

 

それはまた今度。

 

 

小さいお子さんがいる方には、検査費用だけでなく託児所やシッターさんの料金も助成してくれるといいのにな。ボソッ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村