マダムあずきの意識低い系ブログ

ステキ主婦に憧れながら意識低い毎日を生きる。築48年の自宅をスッキリさせて暮らしたい。猫さん5匹・自閉症の息子と難病夫との暮らし。本質はズボラ主婦。

猫さん紹介☆ボンたん

肉球LOVE

ボンたん



 

 

こんにちは。マダムあずきです。

 

 

 

 

猫さん紹介も5猫目

ボンたんの紹介です🐈

 

ノルウェージャンフォレストキャット

でも血統書はありません。

ボンたんは保護猫さん。

保護団体さんとご縁がありうちの子としてお迎えしました。

 

 

ボンたんテルちゃん



猫多頭飼育問題

一軒家にほぼ半年置き去りになっていた猫達9月上旬相談者様より連絡がありました。
【飼い主不在の家に数十匹の猫だけが家の中にいて、ごはんお水をもらっていない、どんどん痩せていってしまうので心配です、どうしたらよいですか】
(この状況は半年前頃から始まったようで、当初は飼い主も時々給餌給水に来ていたようですがそれもここ数ヶ月給餌給水をした様子も見られず痩せていく状況でした。その後は近隣の方が少しずつ給餌給水をしてくださっていたようです)
近隣の方も行政へ相談をしていましたが、法律上は犬猫は物という分類になるので、飼い主の許可なく手を出すことは出来ない状況でした。
またレスキューしたくても虐待の証拠が見つからなければそれもできない現実の壁にぶち当たっていました。
警察の方も、飼い主へは、飼育困難であれば、 再三、飼育放棄するよう説得をしてくださったようですが現状で手放すことへの返事はもらえないでいたようです。
レスキューするには虐待の証拠が必要で強制的に保護するために
近隣の方も人として見放すことの辛さを感じながら
現場から後ろ髪を引かれる思いで給餌給水をすることを断念したそうです。
それからは
【今日も鳴き声が聞こえる生きているね】と毎日胸を締め付けられる思いでい翌日朝を迎えていたそうです。

十分なご飯をもらえない数ヶ月の中更に10日以上もごはん水をもらえない状況と連絡を頂き現場に向かいました。 人が住んでいる様子もない一軒家に約20匹ほど猫たちがいました。
人の気配に窓越しにお腹を空かせておごはんとお水を飲みたいのでしょうか群がってきます。 十分な給餌はなされていないので、やせ細っていました。
動物愛護法、動物虐待、犬猫は物であるということの定義により
勝手に手をさしのべることやレスキューをすることも何もできない現実に憤りを感じて現場を後にしました。
今回の案件では法的に、 猫自身の身に虐待という証拠がみつかるまでは
助け出すことができないという法律の壁にぶち当たり何もできない現実に憤りを感じていました。
そんな中 今月に、入り残念なことに1匹の猫ちゃんが亡くなりました。
そのことで警察も動いてくださり、動物愛護法違反と立証され、やっと警察立会いのもと動物管理センター協力のもとで保護することができました。
現在はご協力頂ける動物病院さんにてメディカルチェックを受け、治療療養中です。
ここまでして飼い主は飼育する必要があったのでしょうか?
多頭飼育問題はたくさん起きていますが虐待の定義が、犠牲者《犬猫》がでなければ動物は救えないあり方に疑問を感じています。

22405891_751083891766189_1681911400753585657_n.jpg

ニャン友ねっとわーく 2017-10-16 より引用

 

 

 このなかでがんばって生き延びた。

その中でもボンたんは

最後の方の譲渡だったそうです。

 

 

うちでいいのかな?

もっと居心地の良いおうちがあるんじゃないかな?

 

など、

ボンたんと出会ってから少し時間をおいて考えましたが

あーちゃんのときと同じで、ボンたんも待っててくれました(´-`)

 

 

 

ボンたん 保護後

保護されてすぐのころ

 

 

 

 

ボンたん 保護後

よくがんばったね

 

 

 

 

ボンたん 回復

だいぶ元気になったころ(まだ小さい)

 

 

 

 

 こんなに大きくなりました♡ モフモフ♡

ボンたんあーちゃん

あーちゃんとなかよしです。

よく一緒に遊んでいます(*‘ω‘ *)

 

 

 

 

 

ボンたん 夫

なぜか、あず夫がいると喜びます。

 

 

 

 

 

ボンたんモフモフ

くせ毛です。

モフモフにもほどがあります(嬉)

 

 

 

 

ボンたん、これからもなかよく暮らしましょうね(*‘ω‘ *)

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

猫が幸せだったら問題ない! 

ボンたん 夫