マダムあずきの意識低い系ブログ

ステキ主婦に憧れながら意識低い毎日を生きる。築48年の自宅をスッキリさせて暮らしたい。猫さん5匹・自閉症の息子と難病夫との暮らし。本質はズボラ主婦。

猫さん紹介☆あーちゃん

少しでも横になると、わき腹に入ってきます。彼女か(ΦωΦ)

 

 

 

 

無防備な姿で寝てらっしゃる。

 

 

 

 

 

こんにちは。マダムあずきです。

我が家の三男猫あーちゃんの紹介です🐈

 

あーちゃんとの出会いは某ホームセンターのペットショップ。

消耗品を買いに行ったワタクシは、そこで1匹のソマリの子猫に目を奪われます。

 

入ってばっかりの小さい子猫たちは

数匹で大きなケージの中にいるのですが

そのソマリは少し大きくなっていて個室(?)にいました。

(誕生日からして売れ残っていたのでしょう)

 

 

寒さ対策のためか、ケージの周りを囲っていたビニールシートのようなものの端っこをカミカミ。

しばらく目が離せなくて、様子を見ていました。

シートの端がちぎれて、誤飲してしまうのではないかとひやひやしたので

店員さんを呼んでその旨を伝え

その場を後にします。

 

 

 

その子猫、長男きーたんの子猫のころにそっくりで

もうかわいくてかわいくて仕方がなかったころのきーたんの面影がそのままあって

強く印象に残りました。

 

 

数日後、あず夫が

「ホームセンターにさ・・・きーたんの子猫のころにそっくりな・・・」

と言い出し、同じ子猫を見ていたことを知り

お互いに笑いあいました。

 

 

次の週末

猫さんの消耗品を買いにホームセンターへ出かけます。

真っ先にソマリを見に行き

二人でかわいいかわいいと見ていると

店員さんがやってきて「抱っこしますか?」

 

 

抱っこしてしまったら

引き返せなくなる

(いちいちおおげさなマダム夫婦w)

 

 

でも抱っこだけ、と二人で強く確認しあい

その子を抱き上げた瞬間

あず夫の鼻をペロ。

 

 

 

 

(ΦωΦ) (*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *) ズギューン

 

 

 

でも、我が家にはもう3猫さんたちがいる。

無責任に増やしてはいけない、いけない・・・

 

 

夫婦でぐっとこらえ

その場は持ちこたえました。

 

 

しかし帰り道で

もし1週間後に行ってみて

まだ残っていたらうちの子に迎えよう。

それまでにどこかご縁があって売れていったら諦めよう。

 

諦めるというか、我が家は3猫さんたちがいるので

1匹で迎えられるおうちがあるなら

その方がソマリにとっても幸せだろうなと。

 

このまま売れ残って

ずっとざわざわしたホームセンターのケージの中で過ごすのかと思うと、

それなら3猫さんがいても、うちの方が自由に動ける生活ができるかな。

そう話し合って帰りました。

 

 一つ約束。

1週間は絶対に見に行かないこと。

見に行くときっと1週間待つ前に連れて帰ってきてしまうだろうからw←特にあず夫w

我が家とご縁があったなら、きっと待ってるよって。

 

 

 

1週間後

開店してすぐのホームセンターに

いそいそと向かう中年夫婦(笑)

実は行く前にもう名前決めていましたw

 

 

店員さんが

お別れするのにたくさん撫でて声掛けしてくれました。

 

お店に来てばかりのころ

他の子たちと仲良くできずに個室になったことや

この子だけが売れ残ってしまったこと。

じゃれる加減がわからずに、他猫さんとうまくやれないので

いっぱい相手して教えてあげたこと。

メインに世話をしてくれていた店員さんが出勤しているときに

私たちが行けてよかったです。

 

 

 

手続き中、血統書を見てなんだか既視感が・・・

自宅に戻り

きーたんの血統書と見比べると

同じブリーダーさん出身だということ

3代前に同じペアがいることがわかりました。

 

きーおひめあー タワー

きーたんとあーちゃんがよく似ていることがわかる画像が残ってた。

 

 

そりゃ、似てるはずだわ(´-`)フフフ。

 

 

 

 

現在あーちゃんは 

 

やんちゃにすくすく育っております(*´艸`*)

 

 

 

もうとっくに成猫なのに

なぜか顔だけ子猫のときのまま( *´艸`)

小首をかしげて甘えてきます(ΦωΦ)

 

 

 

 

甘えている顔には見えないかも。

 

 

 読んでくださりありがとうございます。

 

 

 ぷくたんが好き