マダムあずきの意識低い系ブログ

ステキ主婦に憧れながら意識低い毎日を生きる。築49年の自宅をスッキリさせて暮らしたい。猫さん5匹自閉症の息子と難病夫との暮らし。本質はズボラ主婦。

おしりのはなし。

f:id:azuazuazukina:20211215214444p:plain

 

 

こんばんは。マダムあずきです。

 

まず最初に

「おしりと排泄」の話になりますので

読みたくない方はここまでということでお願いします。(; ・`д・´)

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

azuazuazukina.hatenablog.com

 

 

今日は何があって受診したのかと言いますと

 

 

ズバリ!です!! 

 

 

昔から便秘体質で

酷くなると出血・・・ということは何度もあり

半年ほど前も、近場の病院で軟膏をもらったり市販薬を使ったりと

その時々で対処していました。

 

しかし今回、

トイレでいきんだわけでもないのに

夜寝ようと思ったらそこそこの出血!Σ(゚Д゚)

(子宮全摘しているので生理ではない)

 

 

鮮血は痔で、大腸からだと赤黒い・・・と思っていたので

鮮血だから大丈夫?いやいや、大丈夫じゃないね。

 

コロナ禍以前に

検診で便潜血を申し込んだのですが

便秘体質のワタクシは

そもそも検便を出せなかったという・・・( ;∀;)

そんなに毎日同じ時間になんて出ないです・・・(泣)

 

 

そしてそのまま時は流れ

 

どうせならおしり関係で評判の良い病院へ行こう(; ・`д・´)

大腸の内視鏡も聞いてみよう。

便秘外来もあるから便秘の相談もしよう(; ・`д・´)

 

 

ビビりなヘタレが意を決して行ってきました。(おおげさ)

 

ビビりではありますが

診察が恥ずかしいとかそういうのは無いです。(無いんかいw)

おしりの診察も初めてではないですし

出産も婦人科手術も経験しているので

女医さんじゃなきゃいやだとか、そこまでデリケートでもないです。 ←

 

 

ただ

 

知らないところ行くのがイヤなのです・・・ボソッ

 

 

 

 

 

 

着いてしまえばまぁなんとかなったというか。

問診表もプリントアウトして記入して持って行ったし

痛みに弱いこととか見てもらいたいこととかをあらかじめ書いていたので

それなりにスムーズに進みました。

 

待合室は混んでいて

世の中にはこんなにおしりの調子が悪い人がいるんだな~と。

 

 

ワタクシの心の中では

今日は診察して話をして

検査や処置はまた今度~だと思っていたのですが・・・

 

 

 

 

f:id:azuazuazukina:20211215220650j:plain

 

 

 

 

 

 

なんと、初診で入って

診察が終わって出てくるときは

日帰り手術に当たる処置を済ませて出てきたという(驚愕)

 

 

 

 

 

 

内痔核ということで

硬化療法という出血を止めて内痔核を小さくする注射をしました。

 

診察台の上でくの字になって器具を入れるところからスタート。

目の前にモニターがあって

自分の肛門の中を見ながらドクターが説明し

なんともシュールな光景でした。

自分の内痔核を見ながら、注射の針が入ってきて

患部にさして血がブシャー(おしりの中で)

 ((((;゚Д゚)))) おぉぉぉぉぉ  怖いけどそんなに痛くはない。(ホッ)

すごく手早く終わり、ガーゼを当ててもらい

パンツとズボンをはいておしまい。

さすが・・・さすがおしりのプロ!

 

 

便秘についてのお薬をもらい

経過を見るために2週間後にまた受診します。

もう大丈夫(`・ω・´)

 

便通リズムが整うといいなぁ。

 

 

実際におしりが痛いということよりも

ドキドキしたりビビったりで、気持ちが疲れた一日でした。

 

 

ちなみに内視鏡は便秘の経過を見てそれからということです。

今日の診察で特に今すぐ怪しい所見はなかったのでひと安心です。

 

 

 

 

\読んでいただきありがとうございます/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

マダムあずきの意識低い系ブログ - にほんブログ村